PageTop








懐かしの羽田VOR-Cアプローチ(JTA編)、そして向日葵の群生

かつて羽田空港夏の風物詩といえば、南風時の到着機のRWY16LへのVOR-Cアプローチではないでしょうか。
かつてD滑走路が運用される前、南風の時の到着機は基本すべてがRWY16Lへのランディングでしたので
当時は、春~夏は頻繁に城南島の野鳥橋付近で撮影をしていました。
そんな当時の画像をご紹介します。


そういう中で今夜は、JALグループで沖縄を中心としているJTAのBoeing737-400のアプロ―チ
シーンです。夏の入道雲をバックに気持ち良さげにやってきました。

DSC_2191.jpg

DSC_2192.jpg

東京カーブとも呼ばれていた最後の一捻り、下から見てても実にワウワクする光景でした。現在のRWY22へのアプローチの最後の捻りはこれには及ばない気がしています。
DSC_2193.jpg

DSC_2194.jpg

DSC_2195.jpg

この機種は、Boeing 737-4Q3 でレジ番号はJA8940です。当時のスケジュールは不明ですが、恐らくは
石垣島からの到着便ではないかと思われます。

DSC_2196.jpg

DSC_2199.jpg

では、今夜の風景です。山梨県の山中湖村にある花の都公園内に咲く向日葵です。
ここでは、8月お盆の時期頃、晴れた日には向日葵と富士山のコラボが撮れます。

DSC_9925_20130713215934.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←クリックして頂けるとブログ更新の励みになります。是非、クリックして下さい!
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/13 22:14 ] 羽田空港 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amigoplane.blog.fc2.com/tb.php/218-d23891da