PageTop








パキスタン航空、かつての特色ある塗装、そしてパラオの名所ナチュラルアーチ

飛行機写真の量が莫大過ぎて、整理が全く追い付いていないことは何度もボヤいていますが、そういうなかで新しい発見もあります。結構珍しい飛行機の未公開写真も一緒に埋もれていることです。
そういうことで、今夜はパキスタン航空にスポットを当ててみます。それも以前のデザインの飛行機です。


パキスタン航空は週に2便程度、しかも平日にやってくるので、なかなか撮影のチャンスに恵まれません。
更に到着は基本B滑走路、出発もかなりB滑走路からのことが多いので撮影できた時の喜びは格別です。

20100322_DSC1246.jpg

今のパキスタン航空のデザインは1種類だけで、地味目なデザインですが、かつてはご覧の通り垂直尾翼がかなり個性的でした。しかも別のレジ番の機は違うデザインと今日はどんなのが来るだろう・・・という楽しみが当時はありました。
20100322_DSC1247.jpg

20100322_DSC1248.jpg

20100322_DSC1249.jpg

機首も最近では殆ど見れないAirbus A310-325/ET です。この日のレジ番号はAP-BGR今ではA310系は殆ど見れません。
20100322_DSC1250.jpg

20100322_DSC1251.jpg

では、今夜の風景です。パラオに行くとOPツアーでは必ず立ち寄る奇岩ナチュラルアーチです。浸食等で穴が開いてしまっています。この空いた所をボートでくぐったことがあります。
20061130DSC_0067.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←クリックして頂けるとブログ更新の励みになります。是非、クリックして下さい!
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/28 21:55 ] 成田空港 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amigoplane.blog.fc2.com/tb.php/347-c7cc500f