FC2ブログ

エアカラン、ニューカレドニアに向けて出発しました~そして今ではもう見れないパラオのオバQアイランド

今日は鬱陶しい1日でした。
かなり強い雨が降り、湿気も物凄く、そうかと思えば帰宅時間が夕焼けと虹が・・・で、帰宅途中にまた降りだして
という散々な空模様でした。

では、さっそく今夜のお題にまいりましょう。
今夜は、天国に一番近い島と成田空港を往復しているエアカランです。すっかり成田でもお馴染みのヒコーキですね。
残念なことにデイリー運航ではないので運が悪いと見れません。
20170617DSC_5528_01.jpg

20170617DSC_5529_01.jpg

このエアカラン、英語で書くとAircalinです。更に正式名とでもいうのでしょうかエア・カレドニア・インターナショナルと呼ぶことも
多いようです。私がヒコーキを撮りだした頃は、今よりさらに便数が少なく記憶では夜到着の夜出発だったので、なかなか撮る
チャンスがなく当時は1枚も撮っていませんでした。
20170617DSC_5530_01.jpg

20170617DSC_5531_01.jpg

20170617DSC_5533_01.jpg

しかし、4~5年位前でしょうか、現在の朝8時頃到着でお昼過ぎ出発という美味しい時間帯になってくれたので嬉しい限りです。
こんな感じでカンタスも時刻が変わらないかな・・・・?エミレーツも、カタールもなんて思っています(;^_^A
20170617DSC_5534_01.jpg

20170617DSC_5535_01.jpg

20170617DSC_5536_01.jpg

◆今夜の一枚
今夜は横浜ではありません。日本から約4500Km離れた南海の孤島パラオからです。ヒコーキにちなんで南の島です^^
過去に3回ほど行きました。その3回のうち一番最初の2006/11/29の撮影です。ココナッツアイランド、別名オバQアイランドです。
しかし残念なことに2012年12月に襲った超大型台風ボーファにより、椰子の木はへし折られてしまいました。
その翌月に私はパラオを訪れているのですが、この目で無残な様子を目の当たりにしました。
この台風時、パラオでは死者はゼロでした。この時の合言葉が、日本人が作った建物に避難しろ!ということで事なきを得たそうです。つまり、大戦中は日本がパラオを支配し、日本によって建てられた建物が今も残っていたり、戦争で柱だけになった建物も
びくともしなかったそうです。これぞ日本人の誇りとも言えます。
20061129DSC_9995_01.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←クリックして頂けると日本ブログ村でのポイントが増えます。よろしくお願いします。
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments