FC2ブログ

中国国際航空Airbus A330-200城南島上空を行く、そして近所のシャガの花が最盛期

今日も朝から好天に恵まれ、これでCOVID-19が無かったら最高な春の1日なのですが…残念ながらかつてない悲しく空しい春空になってしまっています。そんな中、定例のウォーキングは予定通りこなし、さらに近所の市民の森へ📷担いでフォト散歩、シャガや躑躅類をを撮ってきました。
ということで、今夜のお題にまいります。今夜は北京発の中国国際航空CA181便、Airbus A330-200の羽田空港ファイナルアプローチです。この便はCOVID-19拡大のため欠航中です。羽田空港の沖止め駐機場には各社の飛行機が溢れているようです。 
20200205DSC_7115_01.jpg

20200205DSC_7117_01.jpg

中国国際航空は中華人民共和国のフラッグキャリアですが、企業規模としては中国南方航空の方が大きいようです。中国語では国航と呼ばれています。英名はAir Chinaですが、台湾のフラッグキャリアのChina Airlinesと英名が似ていますね。
20200205DSC_7118_01.jpg

20200205DSC_7120_01.jpg

20200205DSC_7122_01.jpg

この機はレジ番号がB-6073のAirbus A330-243ですが、つい最近退役しました。この短胴タイプの-200はあまり見る機会がないですね。多くは-300を使用しています。両社の大きな違いといえば、まずは胴体が-200は-300に比べて約5m弱短くその分座席数も40席程度少ない反面、航続距離は2,000Km強長くなっています。
20200205DSC_7123_01.jpg

20200205DSC_7124_01.jpg

20200205DSC_7127_01.jpg

◆今夜の1枚
冒頭に出てきた、今日の📷散歩からの1枚です。シャガの花、市民の森の中の一角にこの花が咲く場所があり、毎年行っています。
20200409DSC_3086_01.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←クリックして頂けるとファイトが湧き、更新意欲が更に高まりますのでよろしくお願いします。
にほんブログ村

では、最後に戦跡関連の告知です。
■戦跡めぐりの旅(ブログ)は、ここをクリック
スポンサーサイト



0 Comments