FC2ブログ

最近見かけない大韓航空のA380、そして誰もいないサイパンのマニャガハ島

成田空港は日本で最初のAirbus A380がやってきた空港として今でも、その座は揺るぎない存在です。
シンガポールエアラインから始まりルフトハンザ、エールフランスと続きました。
さらにはお隣韓国の大韓航空もこのA380を運航しましたが、最近では全く見かけることがなくなりました。
そんな訳で、少々古く約2年前の撮影ですが、今夜は大韓航空のAirbus A380にスポットを当ててみました。


成田空港早朝の第一ターミナルの26番スポットは当時大韓航空の定位置でした。A380の前はジャンボでした。そしてこの大韓航空機が出発すると入れ違いロンドンからヴァージンアトランティック航空のAirbus A340がやってくるのがいつもの光景です。プッシュバック直前のコックピットは慌ただしい様子です、
20111218DSC_3949.jpg

そして3分後にはプッシュバックが始まりました。目の前のA380相当な迫力です!この便は前夜に成田に到着し、一晩ステイし、9時過ぎに旅立ちます。
20111218DSC_7175.jpg

20111218DSC_7178.jpg

離陸許可がおりました。しかし、このA380は他の航空会社のA380とは一つ大きな違いがありました。
それは、エアボーンの早さです。ご覧のような位置で既に前輪がアップされています。

20111218DSC_3990.jpg

A380ではない時、つまりジャンボが運用されている時(今現在もそうですが)も同じような感じです。韓国まではあっという間の距離なので燃料も相当少ないのでしょう。
20111218DSC_3992.jpg

デルタ航空のグァム行のBoeing757-200を下に見下ろしグングン高度を上げていきます。
20111218DSC_3995.jpg
ルフトハンザやエールフランスのA380では、この位置でま未だ前輪も未だアップしていない位置です。すごい違いですね。
20111218DSC_3996.jpg

20111218DSC_3998.jpg

では、今夜は風景です。
久しぶりのサイパンです。昼間は大勢のお客さんで賑わっているマニャガハ島ですが、午後の3時を過ぎるとご覧のようにひっそりと静まり返っています。

20080628_DSC4629.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←クリックして頂けるとブログ更新の励みになります。是非、クリックして下さい!
にほんブログ村

スポンサーサイト



0 Comments