FC2ブログ

スカイマークAirbus A330は秋田県上空から青森にさしかかりました。そして活イカ!

さて、今夜もスカイマーク705便札幌行の機内からの様子です。
往路のフライト後半から終盤にさしかかりつつあり、秋田県から青森県にかけての地上風景です。


離陸後約40分経過した頃、眼下には辰子像でも有名な湖が見えてきました。ほんの一瞬考えましたがすぐに結論がでました。帰宅後に調べての同じ結果でした。水深の深さが日本一(約423m)の田沢湖です。
20141031DSC_8168.jpg

そして更に6分が経過したことに田沢湖より大きな湖が見えてきましおた。これこそ本州最北端の湖、十和田湖ですね。
20141031DSC_8174.jpg

そして明治35年、ロシアとの戦争に備え青森第5連隊と弘前第31連隊の雪中行軍で有名な八甲田山が見えてきました。猛吹雪により青森第5連隊の大量遭難を引き起こしてしまいました。この悲しい歴史は山岳小説家の新田次郎氏が小説【八甲田山死の彷徨】でも有名です。
20141031DSC_8176.jpg

そして9時50分過ぎには陸奥湾上空から陸奥市そして津軽海峡を渡り北の大地へと進んでいきます。
20141031DSC_8182.jpg

20141031DSC_8183.jpg

途中再び北の方向から南下する機影を発見しました。
20141031DSC_8186.jpg

そして当機は室蘭・苫小牧沖を進む頃にはだいぶ雲がでてきました。
20141031DSC_8189.jpg

では、飛行機以外の今夜の写真は、宴席でのハイライト活イカです!
これが絶品、真イカの活作りです。頭やゲソは15分位生きており動いていました。
この部分は後で天ぷらにして頂きました^^

20141031DSCN1407.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←クリックして頂けるとブログ更新の励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村


スポンサーサイト



0 Comments