FC2ブログ

JALのBoeing787もトラブルで、一時成田A滑走路が閉鎖でした、そして常夏サイパン!

いよいよお正月休み終わりに近づいてきましたね。
明日からお仕事の方も多いと思います。私もそのひとりですが、どうやって社会復帰しようか悩んでいます(笑)
9連休から突然現実社会へ戻るのは大変そうです、トホホホ・・・・・
では早速今夜のお題に移りましょう。


2015年の初出撃は2日に成田空港へ行ったことは既にご紹介していますが、今夜もまたその日に起こったトラブルのお話です。昨夕もヴァージンのトラブルをご紹介しましたが、それより早い時間、朝の9時頃、エールフランスのAF276便到着後にエアバンドからRWY34L Closeのインフォメーションが聞こえました。ん?前の到着機AF276便がバードストライク?っと直感的に思いましたが、そうではありませんでした。JAL機がトラブルで下りてくるためのようでした。そしてなんとBoeing787だったのです。
20150102DSC_1434.jpg

普段だったら、この時間帯にJAL機はB滑走路に下り、A滑走路には下りてきません。また、着陸後には管制から自力走行できるのかという確認もされていました。
20150102DSC_1436.jpg

20150102DSC_1438.jpg

さらに着陸後にはかなり遠くまで走行し、この位置でも未だスラストリバーサーが開いています。更に、最近RWY34Lにランディングした場合はジャンボも含めほぼすべてがW7もしくはW6のタキシウェイから滑走路を離脱するのですが、この機はW4から離脱しました。
20150102DSC_1439.jpg

その後Uターンし私の目の前をゆっくりとタキシングしました。因みのこの機のレジはJA833Jでした。
20150102DSC_1442.jpg

20150102DSC_1444.jpg

帰宅後に調べたのですが、到着時刻そして、時刻表から察するとこの機はヘルシンキからの到着便でJL414便ではないかと思われます。少なくとも時刻から考えて出発便が戻ったとは考えにくい状況で、9時前にJAL Boeing787はA滑走路から離陸してはいませんので・・・・
20150102DSC_1445.jpg

では、今夜の一枚はサイパンのスマイリング港です。ここは小型船舶が係留されている場所で海の色が一段とグリーンが強いのが特徴です。
20110605DSC_0606.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ←クリックして頂けるとブログ更新の励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村
スポンサーサイト



0 Comments